キョロの日常

【夫が卵恐怖症になった!】ズボラなキョロが招いた卵事件の真相 

キョロ

今日は我が家で起こった卵事件の話を共有するよ。

こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。

先日、ゆで卵を作りました。

それがきっかけで、ちょっとした事件が起こりました。

ズボラなキョロが軽い気持ちで…

ある日、キョロはゆで卵を作りました。

できたゆで卵は後ほど、料理に使う予定でした。

ゆで卵の殻はあとでむいても問題なかったため、冷蔵庫に入れておくことに(急ぎではなかった)。

でも、ゆで卵を収納する場所は決めておらず、軽い気持ちで、卵置き(冷蔵庫に付属しているやつ)に置きました。

これが、夫が卵を恐れる原因になりました。

生卵を割ったら…

その日、夫は卵かけご飯を食べようと思ったようです。

そして、卵置きから生卵をとり、殻を割ってご飯へ!

ところが!出てきたのは、ゆで卵。

夫はわたしのもとへやってくると、「生卵やと思ったら、ゆで卵やった…!どういうことやねん!」とツッコミ(笑)。

実は、わたし、卵置きにすでに生卵が置いてあったのに、「自分がわかっていればいいや」とゆで卵も置いてしまったのです。

なんという適当さ!

ゆで卵を割ったら…

次の日。

夫はゆで卵を食べようと思ったそうです。

前日、卵を割ったら、出てきたのがゆで卵だったので、ゆで卵だろうなと思っていたらしいです。

でも、前日のことがあるので、わたしに確認。

「これ、ゆで卵やんな?」

わたしは自信を持って答えました。

「そうだよー!」(断言)

ところが!

夫がゆで卵だと思って割った卵から出てきたのは、生卵。

「なんでやねんっ!」

またもや夫のツッコミが。

わたしもその卵はゆで卵だと思っていたので、生卵が出てきて「めっちゃ、おもしろーい」と大爆笑。

「大爆笑している場合ちゃうで」と夫は言います。

「どれが生卵で、どれがゆで卵?」

夫にそう聞かれたので、冷蔵庫を確認しました。

でも、なんと!わたしはどれがどれだかすっかり忘れ、卵置きに置いた卵がなくなるまで、手にとった卵がゆでてあるのか、生なのか、疑心暗鬼で殻を割る羽目になったのでした。

夫は言いました。

「もう俺、卵恐怖症やわ〜」

これが我が家の卵の話です。

わたしのズボラさ・適当さが招いた卵事件。

でも、とっても楽しいやりとりができて、幸せな気持ちになりました(笑)。

夫は「なぁ、それ前向きすぎるやろ!」とのツッコミ。

関西人の夫との暮らしは、笑いが絶えません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

キョロ

笑いの力で人生を変えよう!

キョロも在籍中!「習慣化オンラインサロン」がオススメです。

習慣化オンラインサロンのご案内

お悩み解決ブログ『満たしのキョロ』運営中!

ブログ『満たしのキョロ』ご案内

公式LINE始めました!ブログ更新と講座の開催などのご連絡をいたします。

よろしければ感想もお聞かせください。