育児

【いいママや〜めた!】「やりたくない・できない・知らんがな」の魔法

昨日のできごとです。

予定があってわたし一人で出かけることになっていました。

ところが「パパとおうちで待ってる」と言っていたむすめが、直前になって「一緒に行く」と言い出したのです。


いつもなら、「うん、じゃあ待ってるから、お着替えしてね」と待つのですが、もう時間はスレスレ。


遅刻できない用事でかまっている余裕もなく、「ごめん、もう時間ないからまま行かなきゃ」とドライな対応をしました。


すると、むすめはいつもと違うわたしの反応に「いやああああああーーーーー!行くーーーーーー!!!」と叫び出したのです。


ですが、昨日はかまっていられず、夫に任せて家を出ました。

「いいママや〜めた」と思った瞬間


出かける直前になってグズリ始めたむすめ。


普段むすめにおだやかな対応をするわたしも、イラッとしました。


「はー…ほんと疲れる。助けて。」


ため息と共に聞こえてきたのはこんな心の声。


最近、疲れているのは自分でわかっていました。「いいママ」でいようと力が入り過ぎていることも。


このままじゃ、自分が壊れてしまう。でも自分ががんばらないと…。


そう思う一方で、今日、出かける前に「それはできない」とむすめにキッパリ伝えたことに、すがすがしさを感じていました。

昨日の自分の行動で、なんだか違う世界が見えた気がしました。


ふっと肩の力が抜けました。


「いいママ、や〜めた」と吹っ切れた瞬間です。

がんばり屋さんにオススメの呪文


自分を含め、がんばり屋さんに送りたい言葉は、

  • やりたくない
  • できない
  • 知らんがな


の3つ。


この3つを実践しようとすると、こんな罪悪感がわいてくるかもしれません。

  • やりたくない=わがまま
  • できない=無能
  • 知らんがな=無能


「ダメ人間と思われたくない、いい人と思われたい」と思うと、本音が言えなくなります。


でも、がんばり屋さんが、がんばるべきは、この3つだと思います。


多少わがままでもいいし、無能でもちゃんと愛されるし、責任感は必要とされるべきときに発揮すればいいのです。

がんばりすぎは禁物!何事もバランスが大事

  • やりたくないから
  • できないから
  • 関係ないから


こんな理由をつけて、がんばるのをやめてみるのもオススメです。


「いい人」をやめれば楽になります。


きっとおそらく、周りからの期待値も下がってより生きやすくなります。


変わっていく自分にアレコレ言ってくる人は、放っておけばいいです。


「今ががんばりどき」というときのために、「がんばらないこと」をがんばりましょう。

  • 料理をがんばること
  • いい母・妻を演じること
  • お金を節約すること


これらも大事ですが、これらは幸せな人生を送るためにがんばること。


がんばったがゆえに不幸せになったら意味がないのです。


キョロも「やりたくない」「できない」「知らんがな」を意識していきます。


がんばり屋でやさしい人って、そんなふうに自由にやっていても、そこまでダメ人間にはならないものと、わたしは思っています。


どんどん幸せになっていきましょう。


今日の「やりたくない」はなんだろうなぁ?


逆に「どうしてもやりたいこと」ってなんだろう?


そんなことを考えて過ごすと、毎日の充実度が変わってくるはずです。

では、また!

RELATED POST