暮らし

【ママはもっと自分を大切に!】休むと決めたら徹底的に休むことのススメ

こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。


コロナウィルス感染拡大により、幼稚園は登園自粛。このまま春休みに入ってしまう気がします。

夫も、出社の日が減り、月に2回ほど会社に行くだけ。それ以外は、毎日、自宅にいます。


そんなわけで、わたしは毎日3食、自炊することに。

小さな心の声を逃さない


我が家では、調理家電のホットクックを購入したり、オーブンレンジを最大限に活用したりしていて、そのおかげもあって、なんとか毎日、自炊ができています。

でも、「もう今日は火も包丁も使いたくない!」「料理という言葉さえも聞きたくない」という日があります(笑)。

それでも、自分の気持ちを抑え込んで自炊を続けていくと、少しずつ鬱憤がたまっていきます。


もし「もう今日は火も包丁も使いたくない!料理を休みたいんだ」という心の声が、かすかにでも聞こえたら、その声を大切にしてあげてほしいのです。

でないと、ストレスでいっぱいいっぱいになったときに、怒りが大爆発。


子どももパパも、「なんでそんなに怒ってるの?」状態になってしまいます。


自分の機嫌は自分で保つことが大事なのです。


誰かが気を使って「少し休んだら?」」と言ってくるのを待たずに、自分から積極的に休んでください。

休むなら徹底的に休もう


「今日は休もう」


そう思ったのに、中途半端にしか休まないのは、とてももったいないです。


休もうと思ったら、徹底的に休むことをオススメします。


そのほうが結果的に、早く心の状態が回復します。


「ちょっとならがんばれる」と思って、がんばってしまうと、疲れをさらに引きずってしまいます。


「今日は料理を休もう」と思うなら、火や包丁は使わない。料理のこともいっさい考えない。


それくらい徹底して休んだほうがいいです。


そのときに、「食費が高くなる」とか、「もっと自炊したかったのに」と思うのなら、元気なときに、そうするための工夫を考えてみましょう。

とりあえず、「休みたい」という気持ちがチラッとでも出てきたら、頭でどうにか抑え込もうとするのではなく、シンプルに休んでみてください。

家族にも協力と理解を求めるべし


今日はわたしも、料理をいっさいしたくない日です。


それで、お昼は牛丼のテイクアウトにして、夜はコンビニで好きなものを買って食べることにしました。


普段、ほぼ自炊なので、かなり新鮮です。


心置きなく休もうと思い、夫に昨日から予定を共有。朝ご飯は、自分でどうにかしてもらうことにしました。


そして、朝。


夫は言いました。


「今日の朝ご飯ってどんな感じ?」


ぎょぎょ!?料理をお休みしたいと言っているのに、朝ご飯のこと聞くの!?それじゃあ、ぜんぜんリフレッシュにならないじゃないか!

夫は自分でご飯を用意するつもりだったようですが、準備するべきものを確認したかったらしいのです。


それはわかっているものの、ガックリきました。


正直、食事のことにいっさい触れてほしくなかったです。


うちの夫は、察するのが苦手。でも、ちゃんと伝えれば理解してくれます。


昨日、「料理したくない」とは伝えて理解をしてくれていたものの、「料理の話題を出さないでほしい」とは伝えていませんでした。


「そこまで伝えないといけないのか…」とため息をつきたくなる気持ちと、「ちゃんと伝えなかった自分がよくなかった」という反省の気持ちを、味わった朝でした。

その後、「料理をお休みする日は、料理や食事についてはいっさい聞かないでくれたら、うれしい」と伝えたところ、「そうやな、たしかにリフレッシュできないやんな」と理解してくれました。

次の「お料理お休みデー」には、黙っていてくれるでしょう。


そんなわけで、「休むなら徹底的に休むこと」をオススメします。


どうしてもやらなくてはならないことをやったら、あとはゆっくりしましょう。


今日は牛丼とコンビニ食!


自炊しているからこそ、外食やコンビニのご飯にときめきます(笑)。


子どもやパートナーのことがどんな大事でも、自分のことを大切にするのを忘れないでくださいね!


それではまた!