自己受容

【完璧主義をやめよう】「おおむねOK」だったら気にしない!自分の失敗を許しておだやかな気持ちで過ごす方法 

Gさん

完璧主義で自分の失敗が許せない。自分を責めてばかりいる。


こんなお悩みを解決するヒントになれば、さいわいです。


こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。


昨日の夕食は手抜きご飯。


そのときに、わたしが「栄養もさ、全体の食事を見て、おおむねOKだったら問題なしだよね」と夫に共感を求めると、「おおむねOKっていう発想いいね」という返事が返ってきました。

「おおむねOKならよしとする」


この考えは完璧主義を手放し、生きづらさを手放すには、うってつけの言葉なのです。

「自分責め」には何の意味もない


子どもを怒ってしまって自己嫌悪。家事がはかどらなくて焦る。また夫とケンカをしてしまった。


こういったことは、日常にあふれていると思います。


特に、人は「うまくいかなったこと」に目が行きがちなので、あれもこれもと数え出すと、自分の失態が次々に見つかってげんなりしてしまいます。


そのたびに、「もっとちゃんとできたはずなのに」と自分を責めていたら、心は消耗するばかり。


自分を責めて問題が解消するのならいいのですが、自分を責めるだけでは、前に進むことはできません。


むしろ、自分を責めることで満足してしまい、肝心の問題解決に目が向かないこともあります。


自分を責めても意味はありません。自分を責めるよりも、問題解決をして、また同じことが起こらないようにすることが大事なのです。

理想が高すぎないかをふり返る


そもそも自分が掲げている理想が高すぎないか、ふり返ってみてください。


「子どもに怒らない自分になりたい」という目標があったとして、1回たりとも怒らないママになろうとしていないでしょうか。


わたしは、子どもに対して声を荒げることはほとんどありませんが、それでも怒ってしまうことはあります。


でも、それで自分を責めることはないし、完璧なママでいようとも思っていません。


「怒ることがあってもいい」


こんなふうにあえて理想を下げています。


自分が掲げている理想が高すぎないかを確認し、「このくらいまでできたら許容範囲だな」と納得できるところまで、ハードルを下げましょう。

少しずつ理想を高くしていけばいい


「完璧とはいかなくても、子どもと接するうちの8割の時間くらいはおだやかなままでいたい」


こんなふうに思う人もいると思います。


でも、もし、毎日いつも、ガミガミ怒っているとしたら、急にこの理想を掲げるのは、ハードルが高すぎます。


できないことばかりで、「どうせ自分にはできない」と学習性無力感に陥ってしまうことさえあるでしょう。


この場合は、「最終的にそうなれたらいいな」と願いつつ、まず「怒らない時間を1時間作る」など、少しの努力でたどり着けそうな目標を立てましょう。


少しずつステップアップしていけば、自信もつきますし、達成感もあります。


すぐに理想にたどり着かなくても、着実に成長することができるのです。

「おおむねOK」でいい!6割から8割程度できれば自分を許す


完璧主義でいると、とても苦しいですし、イライラもします。


完璧主義を手放すために、「おおむねOKなら、それでいい」という考えを身につけることをオススメします。


特に、子育て中のママさんにはオススメ。


というのも、自分が完璧主義だと子どもにも完璧を求めがちになり、子どもも苦しくなってしまうからです。


子どもは思い通りに動かないものです。


子どもに対しても、「おおむねOK」ができるようになると、ママも子どもも気持ちがおだやかになります。


だいたい6割から8割くらい、できていればいいのではないでしょうか。


完璧を求められること以外に関しては、それくらいゆるっといったほうが生きやすくなります。


「6割すらも無理」と思う人は、現状から1%、成長することを目標にすればOK。


時間をかけて少しずつ自分を成長させていけばいいのです。


そんなわけで、わたしも食事は「大体、栄養がとれればOK」としていますし、「子どもに怒っても、まぁたまにはいいだろう」と考えています。

開き直っているわけではないです。改善やフォローが必要な場合は、ちゃんと考えます。


自分を責めることなく、おだやかな気持ちで、ゆるやかな成長を目指しています。


ぜひ今日から、「おおむねOKならよし」を意識してみてください。


すごく気持ちが楽になりますよ!


よい一日をお過ごしください。

キョロ

「おおむねよし!」で人生を変えよう!