自己改革

【比べる相手をまちがえると成長が止まる】成長のために健全な比較をしよう

キョロ

人と自分を比べるなら、自分が憧れている人や「いいな」と思える人と比べよう!


こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。

わたしの親戚はだらしない人がたくさん。

親戚の家はゴミ屋敷で、お金の問題も抱えています。

しかも、親戚の半数以上が健康状態がひどく悪いのです。

歯が1本もなかったり、お酒の飲みすぎて肝臓が悪かったり、タバコの吸いすぎで、咳が止まらなかったり。

うちの両親も例にもれず、ひどいありさまです。

実家に帰ると、部屋中にホコリが積もっていて、わたしとむすめはひどいアレルギー症状が出ます。

短期間の滞在でも、目は真っ赤、咳と鼻水は止まりません。

なのに、両親は、兄弟の家庭環境と自分の家庭環境を比べて、「まったくあの家(義理の兄弟)は、ひどいよね。よくあんなところに住めるよね」と言います。

そして親戚と同じように、毎日、大量のお酒を飲み、お金の問題に苦しんでいます。

わたしの両親は、「兄弟の家よりはずっとマシ」と考えているようですが、わたしから見るとぜんぜん健全ではありません。

比較する対象をまちがえると、自分がとんでもない生活を送っていても、気づかないのです。

もし誰かと自分を比べるなら、健全な人たちと自分を比べるのをオススメします。

この記事の概要はこちら。

記事の概要
  1. 比較をうまく使えば成長できる
  2. 比べる対象は健全かを見極めよう
  3. 付き合う人を選ぼう

比較をする相手をちゃんと選んで、健全な成長をめざしましょう。

比較をうまく使えば成長できる


よく自己啓発書などに「人と自分を比べない」といったことが書かれています。

たしかに人と比べてばかりいると、疲れてしまうし、自分らしく生きるのが難しくなるかもしれません。

わたし自身も、むやみに人と比べないようにしています。

でも、ときに、比較がよい結果を招くこともあります。

  • 憧れの人と自分を比べて足りていない部分を把握する。そして不足している分を補う。
  • 結果を出している人と自分を比べて、自分のどんなところを伸ばせばいいのか把握する。
  • 人と比べて自分の得意分野を知る。得意が伸ばす工夫を生活に取り入れる。
  • 人と比べて、自分の個性を知る。

こんなふうに、人と比べることで、伸ばすべきところや補うべきところが知れます。

比較しないと見えないことがたくさんあるのです。

実際に無人島に自分ひとりで住んでいたら、自分は何が得意で、何が不得意なのかが見えず、自分のよいところに気づく機会が減ってしまうと思います。

比較も、上手に使えば、自分の成長につながるのです。

気をつけたほうがいいのは、比較して落ち込まないようにすること。

人と自分を比べて、「自分ってダメだなぁ」と思うだけなら、比べるのはやめたほうがいいです。

比べる対象は健全かを見極めよう


人と自分を比較するのは、悪いことではありません。比較するからこそ、伸びる能力があります。

でも、比べる対象は慎重に選んだほうがいいでしょう。

健全な生活をしていない人と比べて優越感に浸るだけでは、自分のためにならないのです。

うちの両親のように、「ゴミ屋敷に住む親戚」と自宅を比べて「うちはしっかり掃除をしている」と思い込んでいても自分の成長にはつながりません。

実家に帰省をすると、モノの上に1cmほどのホコリが積もっています。

でも、親戚の家は足の踏み場もないほどの散らかりようなので、「うちはキレイ!」という発想になるようです。

我が家からすると、「こんなにホコリが積もるほど、掃除をしないなんて、どれだけ怠惰な生活を送っているの!」と言いたいくらいです。

わたしも気をつけなくてはいけません。

実家と比べると、我が家は、

  • 健康的な食生活をしていて、
  • 部屋はキレイに保たれており、
  • お金の管理もうまくいっている

のですが、はたしてこの状態が健全なのか。

比べる対象を実家にすると、我が家はかなり整った生活ですが、「本当によい生活と言えるのか、ちゃんと向き合わなくては」と思います。

実家に住んでいたときは、

  • 体に悪いものを食べ、
  • 掃除はせず、
  • 休日はテレビを観て過ごす

というのが当たり前でした。

でも、実家を出た今、当たり前はくつがえされました。

「当たり前」って怖いですね。

比較するなら、適切な相手を選びましょう。でないと、生活の質が下がってしまいます。

付き合う人を選ぼう


成長したいなら、付き合う人は選んだほうがいいです。

人は付き合う人に大きく影響されますから、どう考えても自分に悪影響が及ぶのなら、

  • 関係を断つ
  • 距離を置く

といった工夫が必要なのです。

荒れた家庭環境で育ったわたしは、健全に育ってられた友達を見ると、「住む世界が違う人たちだ…」と思ってしまうことがよくありました。

でも、「そんな考え方をしていたら、人生がうまくいかないのも当然だな」と思ったので、できるだけそういった人とも付き合うようにしました。

健全に育てられてきた人と付き合っていると、

「自分の過去ってひどすぎる」

「この人たちのように、健全な考え方ができるようになれたらうれしいけれど、本当にできるんだろうか?」

「自分ってなんて邪悪な考え方をしているんだろう?」

と不快感を感じることもしばしば。

でも、これでよかったのです。

諦めずに、健全な思考をしている人と付き合い、自分を変えようと努力したことで、本当にわたしは生まれ変わりました。

両親や親戚の生活にドップリ浸かっていた頃よりも、ずっと幸せに生活できるようになりました。

付き合う人を変えること、環境を変えること。ほんとうに大事だなと思いました。

まとめ


もし、人生がうまくいかないと思ったら、比較する対象を変えてみてください。

劣悪な生活をしている人と比べて「自分ってまだマシだよね」と優越感に浸っているだけでは、本当の幸せは手に入りません。

付き合う人、比べる人には慎重になり、よりよい人生を生きられるように工夫してみてくださいね。

それと、「比べすぎには要注意!」です。

いちばんオススメは、過去の自分と今の自分を比べること。

比較は、あくまで自分のため。

そのことを頭の隅に置いて人生を楽しんでいきましょう!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

キョロ

上手に比べて人生を変えよう!

キョロも在籍中!「習慣化オンラインサロン」がオススメです。

習慣化オンラインサロンのご案内

お悩み解決ブログ『満たしのキョロ』運営中!

ブログ『満たしのキョロ』ご案内

公式LINE始めました!ブログ更新と講座の開催などのご連絡をいたします。

よろしければ感想もお聞かせください。

RELATED POST