ダイエット

【ダイエット奮闘記11】健康的な生活を習慣づけてリバウンドなしのダイエットを!

キョロ

一番太っているときからマイナス5キロ。1ヶ月以上、その体重を保っているよ!


こんにちは、ダイエットを実践中のキョロ(→プロフィールはこちら)です。

体重が5kgほど減り、今のところ、リバンドなしで過ごすことができます。

実践していることを公開します。

記事の概要はこちら。 

記事の概要
  1. スタンディングデスクを使う
  2. 家事でしっかり体を動かす
  3. ダイエットお助けグッズをそろえる


ダイエットに苦戦している方は一緒にがんばりましょう。

素人が本を読んで学んだことを実践した記録です。医学的にまちがっていることもあるかもしれません。ダイエットするときは、自己責任でお願いします。

【ダイエット奮闘記】めざせ!体脂肪20%台!食習慣の実践記録 Rさん ダイエット、うまくいかないわ〜 そんなお悩みを抱える人と一緒に、わたしもダイエットを成功させたいと思い、ダイエット奮闘...

スタンディングデスクを使う


わたしは筋トレなど、あえて時間を作って運動をするのが苦手です。

なので、日常生活でやっていることに、運動を付け足す形で、スタンディングデスクを使っています。

以前、ダイエット奮闘記で書いたように、なかやまきんに君のYouTube動画で筋トレは、たまに実践しているものの、毎日となると、なかなか大変なんですよね。

負担なく、運動する方法を日々、考えています。

1 日は24時間。

どうやってもそれを変えることはできません。

運動をして、健康的な食事を作って…と、やることを追加すればするほど、精神的につらくなってしまいます。

がんばりすぎてストレスがたまり、ドカ食いしてしまっては意味がありません。

できるだけストレスを少なくして、ダイエットに励みましょう。

家事でしっかり体を動かす


主婦さんが毎日、行うことと言えば家事。

家中の掃除をすれば、それなりに体力を使うもの。

家がキレイになるとば、リラックス効果もあります。

一石二鳥なので、床の拭き掃除をしたり、子どものおもちゃを片付けたりして、できるだけ体を動かすようにしています。

ダイエットお助けグッズをそろえる


ダイエットのお助けグッズとして、体重・体脂肪を測れる体重計を準備。

それから、履きやすい靴と歩数計もそろえました。

体重計は、体重の減り具合をグラフで見られたり、その記録をアプリで残していくことができたりします。

棒グラフが徐々に下がっていくと、さらに、やる気が出てくるものです。

今まで靴を「歩きやすさ」で選んだことがありませんでした。

いつも直感で「これいいかも!」と選んでいたのですが、1日歩いたあとの疲労感がとんでもなくて、しっかり考えて靴を選ぶことにしました。

夫に「歩きやすさは大事やろ!そこ考えてなかったん!?」と驚かれました(笑)。

歩きやすい靴だと疲労感ってぜんぜん違うのですね。

それと、歩数計も準備。わたしはApple Watchで歩数をチェックしています。

平均して、毎日8000歩くらい歩いているようです。

もうちょっと歩数を増やしたいと思っています。

まとめ


ダイエットは一時的に体重が減ればいいのではなく、一生、健康な状態を保つのが目的です。

ですから、一時的にしかできない内容では、意味がありません。

それではいずれ、リバウンドしてしまいます。

いかに健康な生活を保てるか。

これがダイエット成功の鍵です。

ぜひ一緒に健康的な生活を目指しましょう!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

キョロ

健康的な生活習慣を身につけて人生を変えよう!

RELATED POST